専用機・工作機械.com

NCフライス、NCボーリング、NCバリ取りマシンなどのNC専用工作機械なら、専用機・工作機械.com

シリンダーブロック用の多軸ヘッド

今回お客様に収めた工作機械の仕様は、軸数が20のオートツールチェンジャー搭載の多軸ヘッドです。

この多軸ヘッドの特徴は通常のマシニングセンタと違って、ツール交換が実質発生せずに切削加工ができるため、加工精度が向上が見込めます。加工精度が向上する要因として、マシニングセンタであればツール交換の度に、XY軸の軸移動が発生しますが、多軸ヘッドであればツール交換が発生せず、この軸移動による微妙な位置ズレが発生しないからです。

多軸ヘッドは予めギヤボックスと呼ばれる箱に複数の刃物が配置されており、加工対象物に加工する穴毎に位置を決める必要がないため、一度精度を確保すれば安定した穴あけ加工が可能です。

また、ツール交換が行われない他のメリットとして、主軸とツールの間に切り粉をはさみこむ心配がなく、突発性の径大が発生することがありません。

※ 切り粉が主軸とツールの間に挟まると、刃先が振れる

上記のような加工特性により、アルミ素材のシリンダーブロックのヘッドボルト取付タップやオイルパン取付タップなどの加工が、短時間且つ高精度に行えます。また、この専用多軸ヘッドの加工精度は、3/100まで対応できます。

 

多軸ヘッドの軸数は、基本的にお客様がワークにあける穴数が基本となります。桜井製作所の営業として他の工作機械で加工している加工も集約できる場合には、さらに軸数の追加等の提案を行っています。

専用機・工作機械による生産ラインのサイクルタイムの短縮化等のご相談があるご担当者様は、お気軽に弊社担当までご相談下さい。